熱帯魚とハムスターの飼育日記もどき+α
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年07月27日 (土) | 編集 |
7月末ですが、相も変わらずの暑さでクーラーが無いと日中は地獄のようです。

ベランダ水槽のメダカ達は、昼からしか日光が直接入らないみたいで割と平気そうな感じ。
6匹とも元気に泳いでいて、彼らを見る為にベランダに出る理由が増えました(笑)

あと、6月半ばに立ち上げたボトルアクアリウムですが、2ヶ月経過した今も順調です。
DSC_0395.jpg

クーラーのある部屋で、直射ではないけど日光が入るので水草もそこそこ元気。
餌はらんちゅう用の沈下性餌を週1で3粒。
中の生体がエビ2匹ってのもありますね…

今度ボトルを作る時は、あえて横倒し出来る様な完全な角型のものでやってみたいです。
ボトルシップ的な感じで置いて、中の生体を眺める観察型と言いますか…
でもそうなると中の生体に給餌出来ないので、やはりエビ限定のボトルになりそう。


ベランダのメダカが産卵してました。
とりあえずホテイアオイを購入して浮かべて置きましたが…放置するほど順調ってorz

60cmの水槽では去年購入したコンコロールちゃんが大分大きくなってます。
相変わらず引きこもりだけど、赤虫をバスケットで沈めると出てきてくれるのでいいか。

早く涼しくならないかな…暑くて溶けそう。
スポンサーサイト
2013年06月04日 (火) | 編集 |
ベタチューブにて飼育中のミナミヌマエビが抱卵した模様です。
それ自体は良いことなんですが…

流石に5匹同時に抱卵するとは思わなかったよwww

稚エビが孵ったら、親個体を60cm水槽に移籍させないと。
飽和状態になったら崩壊しそうだし。

あとベランダの空き水槽に余ったウィローモスを入れていたら、いい感じに藻が付きました。
エビのボトルに入れると2~3日で綺麗にツマツマされます。
藻は無くなるし、餌にもなるので一石二鳥ですね。


2月に生まれたランプアイも大きくなり、水槽上部で群れています。
もう少し大きくなったら、知人宅に里子行きです。
2013年03月04日 (月) | 編集 |
すくすくと成長中のランプアイ稚魚。
今日は大きい子達のネットが大分汚れてきたので、取り外して手洗いする事にしました。
別の容器に移していくと、気が付いたらもの凄い数だったので掃除の後、ネットに戻す時に数えてみました。

その数、なんと48匹!

稚魚1

1~2cm弱の稚魚がうじゃうじゃ。
これにまだ孵化後~1cm未満の子達が20匹以上居るし、まだまだ卵も採れます。
ざっと見積もって60匹を超える勢いですorz


今稚魚に与えているのは「メダカ稚魚用の餌」と「殻無しブライン・アルテミア100」の2つです。

稚魚の餌

最初は左の方だけだったのですが、やはり初期餌がある程度良い方が成育にも良いかと思いまして。
ブラインは沸かしても管理が大変そうなのでやってません。
冷凍ブラインベビーもあるにはありますが、やはりプロック単位ですのでどうしても余ったりするんですよね。
なので、この乾燥した殻無しブラインを重宝しています。
やはり粉末などの方が量の調整が効くので便利ですね。


稚魚の餌がこの2つで大体1000円位掛かっています(笑)
金額の8割が「アルテミア100」です、流石殻無しブラインはお高い…(-ω-;)
テーマ:熱帯魚
ジャンル:ペット
2013年02月15日 (金) | 編集 |
ランプアイの卵ですが、まだまだ産み付けられている模様です。
今日ちょっとレイアウトの変更を行ったのですけれど、ウィローモスを巻き付けた流木の置き方を変更すると…
隙間から卵がゴロゴロ出て来ました。
とりあえず隔離ネットにピペットで移しましたが、ホントあとどれ位産まれるのか想像もつきません。

そうそう、卵の移動中に水槽内(隔離ネット外)で稚魚を見付けた時には驚きました。
泳ぎと外観からして孵化後1~3日位の子で、水流に乗って寄って来た所を捕獲、稚魚ネットの方に入れました。
地味に取り残した卵が孵化して、モスの中で生き延びてたんだな…
時々こう言う子が現れるので油断出来ませんね。

あと、夕方確認すると卵のネットの方で稚魚が1匹居ました。
ピペットで捕獲して移動させたら、また頭に卵の殻を被った子でした。
慌てて捕獲し直してレンゲに移し、殻の部分をピンセットで押さえると稚魚がピチピチ動いて外れました。

大体の稚魚は朝方に孵化して、昼過ぎには水面近くを泳いでいる事が多いてすね。
なので、一応ネットの底の方でじっとしている子は要観察の上、殻を被っていた場合は上記の通りにしています。


そろそろ稚魚の体格選別用に更に隔離ネットを買わなきゃいけないかもしれない。
2013年02月12日 (火) | 編集 |
毎日数匹ずつ孵化しているランプアイですが、現時点で9割6分くらいの割合で生存しています。
ちょっと曲がっている子も1匹生まれました。
けれど思いのほか元気ですし、日が経つにつれて割と体型が治って来ている感じです。
これはもしかすると普通の子達とあまり遜色無い程度まで持ち直せるかも…

あとらんちゅう水槽を手入れしていると、水草に白い物体を発見しました。
どう見ても駄目になってしまった卵ですorz
恐る恐る他の水草を見ると、眼のようなものが見えている卵を2個発見。
隔離ネットはランプアイでいっぱいだったので、急遽ペットボトルを加工して作りました。
孵化するかは微妙だなーと思っていた翌日。

しっかり孵化してましたorz

3ミリくらいの小さな稚魚が底の方でじっと待機。
体より大きなヨークサックのせいで若干斜めではありますが、元気そうでした。

卵発見の前に実家に行ってまして。
ついでに行き付けのショップで「黒らんちゅうに追星が出たっぽい」話をしていて、店長が「繁殖してみたら?(笑)」と冗談を言っていた矢先でして。

なんでリアルにフラグ回収してるのかしら。

父親は多分黒らんちゅうだと思いますが、母親が全く判りません。
体型で判断しようにもみんなガタイが良いので(笑)
熱帯魚はベタと今回のランプアイで稚魚育成をやっていますが、金魚に関しては初めてです。
稚魚が無事に孵化はしましたが、これからの管理が難しいので今からちょっと勉強しないと…


ランプアイですが、店長に相談したら引き取って貰えることになりました!
稚魚の発育次第では来月か再来月にでも持ち込もうと思います。
もう人工餌に慣れているので、きっと大丈夫かと…
[続きを読む...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。