熱帯魚とハムスターの飼育日記もどき+α
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年10月31日 (月) | 編集 |
メイン水槽を覗いて見たら…
隔離箱に入れていたはずの青紫のオスベタが水槽内でスイスイと泳いでいた。

また脱走か!!

慌てず騒がず網で掬って隔離箱へ強制送還。
ちゃんとプラのフタをしていたはずなのに…1㎝以下の隙間でも飛び出てしまうのだろうかと不思議に思っていたら。

隔離箱のキスゴムが緩くなって、箱自体が水中に落下しようとしていた…

という事で速攻ではめ直し。
水槽内にはメスベタ①と子ベタも居たので、その安否をかなり心配した。
でも2匹とも無事。
メスベタ①は底の方で流木と一体化(笑)してたし、子ベタもアカヒレに混じっていた。つくづく忍者っぽい連中だ。
まぁ今回脱走していた青紫のオスベタは割と温厚派な方だったからかもしれない。
赤いオスベタなら散々ドツキ回していただろう…(((゚Д゚;)))ガタガタ

メイン水槽の中で、他の連中より痩せているアカヒレを2匹発見。
餌取り競争に負けているのだろうか、お腹は結構ぺったんこ気味…
不憫に思ったんで、プラケに移して赤虫なんぞを与えてみた。
食べるには食べるんだけど、やはり食べ残しがあったらしい。
なんかボワッとした物体に囲まれていた(笑)
一応、掃除屋のエビを2匹入れていたんだけど、無理だったか…
という事で今度はエビ水槽に投入。

ここならいくらでも掃除屋が居る。そう、何十匹も…orz

水槽の前に行くと、餌の時間と思っているのかワラワラとエビ達が群がって来る。
可愛いんだけど、この数でやられると結構怖かったりする(苦笑)
しかし本当に殖えたよなー、エビ。


久々にローチさんにも出会えた。
相変わらずニョロニョロしてた。
でもすぐ逃げられた…orz
けれども元気なのが分かっただけでヨシとしよう。
スポンサーサイト
2005年10月30日 (日) | 編集 |
カージナルとアカヒレに餌をあげた。
何処からか子ベタがやってきて一緒になって食べていた。
つーか腹パンパンですよ、子ベタ(笑)

メスベタ①と混泳させている子ベタは、アカヒレに混じっていたりする。
さすがに今の姿を見ると「ベタ」の体型。
ちょっと前まではアカヒレみたいな外見してたんだけど…
そうそう、この子ベタ。
色が未だに出て来ないと言うのか、出ているんだろうけど薄いらしい。
同じ兄弟で養子に行った子ベタは父親そっくりの赤い子だった。
しかもオス。泡巣をブクブク吐く所まで似ていた(笑)

でも今いる子ベタはおそらくメスっぽい気がする。
体型がメスベタ①とほぼ同じだし…
第一メスベタ①と混泳させているけど喧嘩もしない。
これはメス同士(?)の混泳に成功したのかなぁ…
何せメスベタ①と②のパトルロワイヤルを見て来ただけに、そうとしか思えない。
メスベタ①と子ベタならメイン水槽のアカヒレやその他との混泳に慣れてるから、少々違う魚が入っても大して気にしないだろうな。
その代わりメスベタ②は敵対心満載の凶暴な娘だけど。

今日、兄の知り合いの方が子連れで遊びに来た。
ハイここで注目、「子連れ」。
例の如く水槽の側に寄ってきたよ…orz
まあ前回来た時みたいに「餌あげたいー」とダダをこねられなかったんでまだマシだったけど。
その代わりに隔離箱に入ったベタを見て「なんで1ぴきずつはいってるの?」とか、先日までベタを入れていた瓶を指差して「なんであれにはさかながいないの」とか。
いや、説明するのは別にいいんだけど、前も同じ質問されたんだよね…orz
エビ水槽を見て「たくさんいるー」と大興奮。

そりゃそうさ、夏の終わりに爆殖したんだから…


そうそう、前10匹ほど稚エビを差し上げた方からメールを貰いました。
どうやら抱卵したそうです。おめでとうございます。
ウチもまた抱卵しましたよ、2匹…orz
まぁメイン水槽だから数はどうにかなるだろうと思いたい。
2005年10月27日 (木) | 編集 |
近況報告と言うか環境が変わりました。
寒くなってきたので水槽もコンパクトに(?)

・メイン水槽(45cm)
 水中ヒーター稼動中
 水中フィルター(エアーレーションと連結/水作S)

 カージナルテトラ…5匹
 アカヒレ…6匹くらい
 メスベタ①
 子ベタ
 クーリーローチ…1匹(ヒッキー)
 ミナミヌマエビ…大小併せて10匹前後

・隔離箱-1(水槽内設置)
 メスベタ②
 青紫ノオスベタ(仕切りアリ)

・隔離箱-2(水槽内設置)
 赤いオスベタ

・エビ水槽(1815)
 外部フィルター(コトブキ)
 水中ヒーター絶賛稼動中
 小型水槽用エアーカーテン(メイン水槽用のエアーポンプから二股分岐)
 
 ミナミヌマエビ…もはや何十匹居るのかすら見当も付かない
 アカヒレ…2匹(痩せ気味)

実際には2つしか水槽が稼動していないのに、何故か生体だけはやたらと居る。
来年の春までは当分このまま。
せめてヒーターを取り出せるくらい暖かくならないと一夜にしてアカヒレと一部のエビ以外が浮遊物体になるから…

ちなみに。
45cmにはアナカリスがちょっとモッサリ、ミクロソリュウムが1株。
1815にはアナカリス(トリミングの残り)とカボンバが少し。

ウィローモスはミナミさんのツマツマおもちゃ状態。
以前飼っていたCRSに1マット全部ツマツマされた記憶が…orz
2005年10月26日 (水) | 編集 |
今日も水槽の中は平和と言えば平和。
気が付けば子ベタがアカヒレよりも大きくなってきている。

メイン水槽の中の底面層にはローチさんと別に、ツマツマ部隊が居たりする(笑)
今年の夏大繁殖したミナミヌマエビ。
最初5匹だけ買ったのに、気付いたら数回抱卵して稚エビがたくさん増えたと言う、笑えるようで笑えない話。いや実際にあのウジャウジャしたのを見ると途方に暮れるよ…
何故なら、ベタと違って全然落ちないから。
いや、別に落ちなくて良かったんだけどさ…orz

ただ、稚エビが50匹近く居ると思うと、ね。

10匹は貰ってくれる人が居たんでどうにかなったけど、後がまだまだ居る。
とりあえず大きかろうと小さかろうと構わず何匹か網で掬ってメイン水槽に投入。
大自然と言うか食物連鎖あたりにお願いしてみた。

でも結構居る

いいよ、もう…
こうなったらメイン水槽はエビに乗っ取られるといいよ(笑)
それにしてもエビを入れてから掃除してないなー。
餌の食べ残しもエビとローチさんが片付けてくれるから楽だ。
ベタのみ飼ってた頃からすると本当に楽。

あと自室でコッソリとボトルアクア真っ最中。
と言っても単にコッピーを買った時のビンが遊んでたんで、小さいほうにはモスと稚エビ、大きめの方にはエビ(大)とコッピーサイズのアカヒレを2匹。
アカヒレの方には時々餌を入れるんだけど、稚エビの方は夏から数えてまだ2回くらい…
さすがにそろそろヤバイかな?とビンを覗いてみれば、稚エビは居る。
まぁ餌とか色々で体は小さいんだけど、ちゃんと生きてる。

でもこの稚エビ、一番最初に孵ったグループなんだけど(兄弟たちはもう1センチ越)

冬がまだまだこれからなんで、ヒーター無しのボトルアクアが何処までイケるんだろうか。
気温が零度切りそうになったらシートヒーター使おうっと。
でもメイン水槽のエビたちって総じて黒っぽくなるんだよね。
エビ専用水槽の方はみんな透明なのに。
やっぱりメイン水槽に流木入れたり、底砂を茶色の濾過砂利にしてるからなんたろうか?(エビ水槽にはアナカリス。底砂は白系)
茶色くなったエビをエビ専用水槽に入れたら元の透明な色に戻るのか試してみたい気もするけど、彼らは脱皮する度に寿命が縮まるらしい話を聞いてるんで試せない。

このまま平穏に天寿を全うさせたいな…(遠い目)
2005年10月25日 (火) | 編集 |
朝晩が大分冷え込んで来また。
でもTVで見た北海道は雪降ってたね…
九州で「寒い」なんて言ったら向こうの人に怒られちゃいそうだ(苦笑)

ウチのお魚たちは相も変わらず水槽の中でまったりと泳いでいる。
ここ最近ローチさんに会えないのはもう諦めましたが、なんかアカヒレとカージナルたちも動きが怪しい。
どうもベタの隔離箱の下に溜まって居る。
真ん中をギュンギュン泳ぐのも居るんだけど、何故か半数が隔離箱の下。
エサをバラ撒けば全員出てくるものの、やはり基本は隔離箱(ry
水槽内の均衡も大丈夫だと思うんだけど…

メイン水槽の主状態のメスベタ①も最近すぐ出て来なくなった。
水草がモッサリと茂っている中によく潜んで居る。
いつもなら自分が水槽の前に来ると「エサちょーだい!」と言わんばかりに自己主張しに出てきてたんだけど…
やっぱ寒くなったからなんだろうか。
それとも…隔離箱に入ったベタ(オス2、メス1)の視線がウザイんだろうか。
でも冬はこれからなんで、春までガマンしてもらうしか無い。
ゴメンよ、メスベタ①…orz

・ベタのメスと言えば大抵は混泳可能なんだけど、ウチの娘っ子たちは…
同じ水槽に入れても出会った瞬間から睨み合い→ドツキ合いへと移行。
最終的には片方がもう1匹を追い回すという事に。
元々同じ店の、同じ水槽内で売られていた子たちだったりする。
でも2匹だけ購入したのがマズかったのか、家に連れ帰って水槽に移した途端に1匹が追い回し始める。
慌てて別々にしたけど、それ以来完全にダメっぽい。
メスベタ①の方はアカヒレたちとの混泳期間が長いので、喧嘩する事も無く生活中。
でも②の方は…単独飼育期間が長かったためか、アカヒレたちを見るともの凄い勢いで追い回す。マッハかと思うくらい速い。
初期の頃は②が①を追い回して、①の尾ビレをボロボロにしていた。
でも先日、試しに混泳させてみたら②が①に追いかけられた。
一体①の心境に何があったんだろう?

最近またアベニーパファーを飼いたい衝動に駆られる。
でもメイン水槽に放り込むと絶対ヒレ齧りをするからなぁ…
アベは動きが面白いし、人の顔を覚える子なので飼い主は嬉しい。
ちまちまスイスイ泳ぐ、ぷりぷりとしたあのフォルムがたまらない。
なんか変なフェチ持ってる人みたいな事書いてるけど、至って真面目なハズ(笑)
でも当分は飼えないなぁ…メイン水槽にはウジャウジャ居るし。

いつか飼えたらいいなと思う今日この頃。
2005年10月22日 (土) | 編集 |
昼間は暖かいんだけどねぇ…
夜は寒くなり始めてイヤ。
帰りが少し遅くなると、部屋の中は真っ暗になっている。
電気を点けるとウネウネした生き物が水槽の全面に出てきていたりする。

クーリーローチさん

夏場は朝だろうと昼だろうとお構い無しに出てくる一応夜行性ドジョウみたいなの。
最近ようやく水槽内の環境に慣れたのか、暗くしていないと滅多に出て来ない「ヒッキー」と相成った ∈(-_-)∋…
しましま模様が愛らしいんだけど、ウチの母には「ヘビみたいでイヤ」と不評。
そんなローチさんだけど、電気点けてエサでもやろうかと水槽の前に行くともの凄い勢いでウネウネし、流木の下へと逃げる。
で、物陰からじっと見ていたりする…orz
昨日だってそうだったよ…

いや、別に逃げられたからって落ち込んでるわけじゃ…落ち込んでます、ハイ。
けどこのウネウネしてる時に水面下まで上昇したりするんで、いつ水槽から飛び出してしまうのかとヒヤヒヤ。
せっかく底面層の住人として、またエビに続く掃除屋として居てもらってるんだから…
可愛いよ、ローチ。

そうそう、電気点けたら…と言えばカージナルテトラ。
アレってキラキラしてるけど、寝てる時(?)ってあんな色じゃないんだね!
初めて見た時「なんだコレ」みたいな感想だった。
と言うより「こんな魚飼ってたっけ?」とマジで考えた(笑)
電気点けてしばらくすると肌色の体にうっすらと青味が出てきて、最終的には店で見かけるようなキラキラ系の色になる。
ホラ、この人今までベタとかアカヒレしか飼った事なかったから…(言い訳)

あと、今日は用事で本社に行ったんだけど。
帰ろうとして車に乗り込んだ時、向かい側の会社が見えた。
「今日は休みなんだなー」と思って見ていたら…植木の下に120センチはあろうかという水槽が。

あわわわわ…しかも中身は何も入ってない状態で外に放置してある…!!
何か飼ってたのか、ガラス面には水位があった証拠に白くなってるし。
スゲェ!! こんだけあったらソイル敷いて流木突っ込んで、何か水草とかいっぱい植えて、上部フィルター可動させてネオンテトラ系のキラキラした連中を50匹投入して底面層にはコリドラス入れて、掃除屋にオトシンとミナミヌマエビ入れて…なんて事を考えてしまった(笑)
いいなー、デカイ水槽いいなーと思いつつ、仮に貰えたとしても家族の猛反対に遭うだろうなと車窓から眺めて帰った。

つくづく熱帯魚に洗脳された生活である(笑)
2005年10月21日 (金) | 編集 |
今朝も少し寒かった。
もう布団から出たくないなーと思いつつ居間へ移動。
水槽の中では魚たちが元気に泳いでました。
ヒーター様々である。

水中ヒーターが2本しか無いのに対し、水槽が5本(大小合わせて)ってなんだろう。
うち3本がベタ用ってのも考えものだ(笑)
けどヒーター入れないと水温が20℃切りそうだし…うーん。
まぁアカヒレはバンバン元気に泳いでいるだろうけど、他の魚がね。
7月に生まれたベタ稚魚の最後の1匹(2匹しか育たなかった。しかも1匹は養子に行った)も動きが鈍かったもんなー、ヒーター入れる前は。
ヒーター入れてからはアカヒレ顔負けの泳ぎっぷりを見せて貰った。
エサの食いつきもアカヒレ顔負け。
ちっこいクセに隔離箱に入ってる大人のベタ喧嘩売りに行ったりするしなー…一体誰に似たんだろう(苦笑)

そう言えばこの間の夜、メイン水槽から「バシャッ」って音がしたんだよね。
なんて言うのか…魚がエサを食べる時のちょっとジャンプするレベルを超えたデカイ音が。

嫌~な予感…

しかも的中。

隔離箱に居たはずの青紫色のオスベタがメイン水槽内で悠々と泳いでる。
しかも別の隔離箱に居る赤いオスに喧嘩売りに行ってるし…orz
水槽にはフタしてたし、隔離箱とフタの隙間もそんなに無いはずなのに。
とりあえず急いで網で捕獲(あっさり捕まった/笑)
元の隔離箱に戻したんだけど、またいつ飛び出るのは判らないのでフタをしようと思った。
でも探してみたけど無かった…orz
仕方が無いので赤いベタを入れている隔離箱の仕切を拝借(2匹用に1匹しか入れてないので)して乗せてみた。

うん、なんか無様というか変だけどいいや。
要は飛び出しを防げればいいんだし。

今日も彼は変なフタ付きの隔離箱の中でジタバタしてる。
隣の壁を撤廃したら美人だけど気の強いメスが居たりするんだけど。
仕切が真っ黒なんでその事にも気付かず、ただ外の水面をふよふよしてるエサにご執心(笑)
見ていて笑ってしまう自分ってオニだなぁ…orz

・エビ水槽も最初に生まれた連中が1センチ越えた。
網で掬って下にあるメイン水槽に入れたいんだけど、いつも逃げられる。
まだ数匹しか捕獲できてない…
水槽の中にはまだ小さいのとかがワラワラしてるんでどうにかしたんだけどね。
エサの時間に狙ってみたんだけど、ヘタレな自分には無理ぽ。


「もっとがんばりましょう」のハンコがもらえそう(苦笑)
2005年10月17日 (月) | 編集 |
周りで他に熱帯魚を飼っている知り合いが居ないのでなかなか話せないんですよね。

とりあえず今の状況。

・45㎝(メイン水槽)
アカヒレ…5匹
カージナルテトラ…5匹
ベタ♀…1匹
ミナミヌマエビ…4匹
クーリーローチ…1匹

・16キューブ水槽
アカヒレ…3匹
ゴールデンアカヒレ…1匹

・1815水槽
ミナミヌマエビ(稚エビ)…30~50匹

・11キューブ水槽
ベタ♂…1匹

・プラケース
ベタ♀…1匹

・単独用飼育ケース
ベタ♂(稚魚)…1匹

エアーポンプは45㎝と1815のみ、水中フィルターは45㎝のみ。
エビ水槽に外掛けフィルター設置。

最近寒くなってきたので急遽ヒーターも設置。
朝ガタガタ震えながら水槽の横に行くと、水槽から暖かい空気が…
ガラスをぴたっと触ると暖かい。
水槽の中のヤツらがうらやますぃ…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。