熱帯魚とハムスターの飼育日記もどき+α
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年01月31日 (火) | 編集 |
ケージに付属していたプラスチック製の餌入れを蹴飛ばすトクナガ。
こうも毎日引っ繰り返されると掃除が大変なので100均に出掛けてみた。

小さい陶器製の皿なら蹴飛ばされまいと

いい感じの大きさのものを見つけたのでお買い上げ。
早速餌を入れて置いてみた。
よくお似合いです

実はコレミルクピッチャーのちょっと平たいヤツ。
注ぎ口の部分を持てば、トクナガが入ったまんまで持ち上げられたりする(笑)
持ち上げると「な、なんだ!?」と言う感じでキョロキョロしてて可愛い。
手を差し出すとそっちに移動して来るんでそのまま毛布の上へお散歩。
さすがはネズミ、動きが素早い。
一度ベッドの下に逃げ込まれて捕まえるのに苦労したよ…orz

そう言えば先日、ペットショップに行った時にハムスターを見てきた。
キンクマとかゴールデンの大きさにもの凄い驚いた。
とっ○こハム○郎って確かあの種類だったような…大きさが全然違うよ!!(アレはアニメですから)
昼間だったんでほとんどのハムスターは寝てたけど、寝姿に萌えた(´∀`*)カワイス
あと、別の区画にもハムスターが数匹ケージの中で売られてた。
どうもアレルギー体質や訳アリの子らしい。
値段はもの凄い安かった。105円。
でも後々お金がかかるんだろうなぁ…病院とか。
トクナガは今の所健康だけど、回し車からボテッと落ちる事があるから怪我には気を付けないと。


最近台所にネズミ(小さいの)が出るらしく、母がネズミ捕り用粘着シートを設置してた。
アレにくっついたら終わりっぽいからトクナガが脱走しないように気をつけよう(((゚д゚;)))ガタガタ
スポンサーサイト
2006年01月30日 (月) | 編集 |
先日メイン水槽用に買ってきたスライド蓋はなかなかいい感じに乗っている。
そして水滴がびっしり…!!
今でただのガラス蓋オンリーだったから、空いてる分水が蒸発してたんだなぁと実感。
道理で最近よく水が減ってると思ったよ。

小雪の写真が撮れたんでアップ。
ようやく撮ったのに…

一番小さいのに元気いっぱい。
「ちょっと気が強いかな?」と思って買ってきたけど、そんな事はなかったみたい。
まぁ子ベタやらメスベタ①とかの成魚組が居るからね。
仲良くやってくれる事をホント、切に願ってみる。

白コリさんはどうやっても写真に撮れない。
撮れないと言うよりは、明らかに障害物の後ろに入り込んで全身を撮らせてくれない。
丁度コリタブをぐもぐもしてる時があったんで、『チャンス!』とばかりに狙ってみたんだけど…

顔を隠されてしまったorz

いや、多分本人は『其処に餌があったから』といった顔して食べてたんだけどさ。
どのアングルから狙っても絶対顔に水草がかかってしまうんだよ…。
その後もコリタブを移動させて狙ってみたけど、石の陰になったり流木の陰になったり…orz
小雪といい白コリといい、シャッターチャンスがなかなか貰えない。
子ベタなんて自らフレームインする猛者なのに(苦笑)


ハニグラが大きくなったみたいで、もうどっちがどっちなんだか。
大きさも同じだし、なんだか色合いも微妙に似てる…ヽ(`Д´)ノモウワカンネェヨ!!
唯一の見分けポイントだったヒレも似たり寄ったりでもうお手上げ状態。
…もうどっちも『ハニグラ』でいいや。
2006年01月29日 (日) | 編集 |
今日は部屋の大掃除をする事にした。
幸い家族が誰も居ないんで堂々とトクナガのケージを部屋から出せた。
かなり慎重にケージを移動させたのに起きちゃったorz
寝てる子供を布団に運ぼうとして起こしてしまったような感じ(笑)

そのトクナガ。
「最近丸いなー」と思って気になる体重を計ってみた。
えーと…25g?
ジャンガリアン・ハムスターの標準体重が30~45gと言う訳で…

…もしかして痩せてる?

トクナガを買ったとき、生後どのくらいなのか訊かなかったから年齢不詳なんだけど…まだ大人じゃなかったのかな。
身体自体は結構大きいかもしれないと思っていたからびっくり。
おやつ食ってる最中(笑)

「あんまり種とかおやつばっかりあげると太るからね」と普段はペレットと水、ひまわりの種は1日おきに1~2粒と言うサイクルなんだけど。
冬だからもうちょっとあげていいのかな?

最近ようやく噛まなくなったなーと思っていたら不意打ちで噛んでくれる。
結構痛いぜこの野郎…ヽ(`Д´)ノウワァァン!!
でもケージの入り口を開けて手を差し出すと乗ってきてくれるから、餌で吊る方法はどうやら成功したらしい。
手の上で餌をあげると、丸くなってカリカリ齧る姿がたまらない。


ハムスター用のチーズ棒(3cmくらい)をあげると、無理矢理頬袋に詰め込む。
その後、手の中で取り出してカリカリ齧りだした姿には萌え転がった。
こんな可愛さ、不意打ちだ…(´∀`*)モエー
2006年01月28日 (土) | 編集 |
さて。欠員の出たメイン水槽へ増員する事にした。
某ペットショップに行き、新しい魚種にするかどうかの検討開始。
でもやっぱりベタがいいなと思い、探してみた。
そしたらペア売りのベタと、普通の単独売りがあった。
ペアだと繁殖させてしまう危険(苦笑)があったんで、普通のメスベタにしてみた。
他にも珍しくショーベタのハーフムーンが入荷してたけど、あのヒレを維持するのは自分には無理だ…orz
水槽の中で「どの子がいいかな~」と覗いてみたら、1匹しか居なかったorz

でも今まで飼った事の無いカラーリングだったんでお買い上げ決定。
ついでに一緒に居た白コリも購入。
新しいメスベタには「ヒメ」と名付けてみた。
美人さん(*´∀`)カワイス

※ちなみに一緒に写ってるカエルとかは友人に頂いた水中アイテム

カージナル以外にパッと映えるような子が居なかったんでもの凄く目立つ。
ハニグラも目立つんだけど、ベタは地味な赤黒っぽい子だけだったから…
おしとやかな動きがまさに「ヒメ」ですよ(飼い主フィルター発動中)

あと、HCで200円で身売りされてたヒレは赤くて体は白い子(メス)も買ってみた。
こっちは第一印象で「小雪」と名付けたんだけど、いざ写真を撮ろうとカメラを構えると方向転換してくれるもんだからなかかな難しい。
そしてすぐに子ベタがフレームに乱入してくる(笑)
なので「小雪」は撮れ次第アップの予定~


本当はHC、水槽の蓋(スライドするやつ)を買いに行ったはずなのに…orz
ビンに入った小雪と目が合ったのがいけなかったなぁ。
2006年01月27日 (金) | 編集 |
家に帰ってみたら、オスベタがお亡くなりになってた…
ここ最近食欲が落ちてはいたけど…凹。
水槽から隔離箱ごと取り出して埋葬用意。
そしてふと水槽を見て気付いた。

メスベタ②が見当たらない… ま さ か

水槽の中をあっちこっち探したけど居なかった。
恐る恐る水槽の裏側を見てみたら……カラカラになって居た。・゚・(ノД`)・゚・。ウワァーン
蓋はしていたのに、どうやら隙間からダイブされた模様。
結局メスベタ②はオスベタと一緒にして埋葬。
子ベタの両親が一気に亡くなってしまい、水槽の中を泳ぐ子ベタを見ていると複雑…orz

頼むからお前だけは早まった真似をしないでくれ…!!(必死)

メイン水槽に欠員が出てしまい、なんだか微妙に淋しい。
今居るのが↓
・メスベタ①
・子ベタ
・カージナルテトラ ×10
・アカヒレ ×5
・ゴールデンアカヒレ
・ハニグラ ×2
・ローチさん ×3
・コリドラスなんとか ×2
・エビ ×?

そうそう。食べ残しの餌を片付けていて気付いたんだけど、何か少ない。
何が少ないって…エビが。
昨日見た時、流木にワラワラ居るはずのエビが見当たらなかった。1匹も。
きっと流木の陰に隠れているんだろうと思う(脱皮した抜け殻あったし)

ローチさん達は相変わらずヒッキー。
でも最近水槽の横から、流木の下でウゴウゴしている彼らを観察出来る事が判明。
いつ見ても2匹でニョロニョロしてたり、3匹でモソモソしていたり…仲良し?
とりあえず元気っぽい事が判るんでちょっとは救われるかな。


オスベタとメスベタ②の冥福をひっそりとお祈り。
『色々とありがとう』とここで言っておく。
君らの事は忘れないよ。
2006年01月26日 (木) | 編集 |
お風呂上りに手のひらに乗せてみたら、何かお腹をくっつけるようにしてジッとしてた。
試しに軽く手で握ってみたけどリアクションなし。
もう片方の手を巣みたいかぶせたら、ちょっと鼻をヒクヒクさせてた(=・ω・=)

あーもう可愛いなこんちくしょう(*´∀`)

どうやらヒーター代わりにされてた模様。
一応ケージの中にペットヒーターは設置してあるんで擬似冬眠→あの世って事は無いんだけどね。
実際トクナガが巣材を掘って作ってる巣穴(笑)はヒーターの真横。
しかもその位置は給水ボトルも近いし、回し車のすぐ下。
トイレにもすぐ行ける場所なんで良かったねーと思ってみたけど…単に面倒だからかなorz
隠れたり齧ったり出来るように木製の隠れられるおもちゃを入れてあるのに未だに齧らず。
ちゃんと入って餌食べてたり、何かモソモソやってるのに齧らない。不思議。

そんなトクナガは散歩スキー。
今からお出掛け

手のひらに乗ってベッドの上に移動した後は毛布の海をチョロチョロ探索。
もう初期のようにへっぴり腰じゃない…成長したな。
ひとしきりウロウロした後は飼い主によって強制的にケージへ。
その後はもう囚人みたいに「うぉーここから出せー」みたいな顔してケージの金網部分によじ登る。
猿のようにチョコマカ移動しては自分をアピール。
酷い時には金網をガリガリ齧って自己主張するんで、こっそり飼ってる身にはとても心臓に悪い…orz
夜中でも平気でガリガリするんで金網部分にお菓子の箱に入ってた厚紙を置いて牽制。
紙の向こう側で必死にカリカリカリ…と爪で引っかいているのが聞こえてくる。
そのうち諦めて回し車をグルグル。で、朝になったら巣材の中でフテ寝(笑)


仕事で電話帳(黄色いアレ)をめくる事があったんで、ついでに調べ物。
そしたら近隣の町にハムスターも診てくれる病院発見。
とりあえずチェック入れてみた。
熱帯魚には医者が居ないけど、ハムスターには居るからいいなぁ。
魚に薬使う時って結構怖いもん。量とか。
2006年01月18日 (水) | 編集 |
えー、ようやくハム(仮名)の名前が決まった。
その名はトクナガ
分かる人には分かると思われる名前。
いいんだ、何となくヤツのキャラに似合ってる気がするから…orz

実はこのブログの存在を知っている姉(県外在住)が居るんだけど、その姉も名前を考えてくれたらしい。
いくつかメールで送ってくれた。
・課長
・松田さん
・アニキ
嫌がらせか? 嫌がらせなのか?
でも昔飼っていた猫の名前を決める時に笑顔で「ゴンザレス!!」とか言ってたからなぁ…
結局「うり」って名前になった。ええ、自分が付けましたともorz

さて、そのトクナガ。
何見てんだよ…

今日もホイールを全開で回し、とてもあの可愛らしいハムスターとは思えない動きで走ってる。
…サイレントホイールにしてて良かった。
ゲームしながらふと見ると、もの凄い勢い(かなり高速)でぐるんぐるん回してた。
「これでコケたら痛そうだなー」とか思っていたら案の定コケてた。
と言うか回しすぎたホイールの中で急に立ち止まったから巣材の上にボテッと落ちた感じ。
一応怪我とかの確認はしてみたけど、大丈夫そう。
その後、2回くらい同じ事やってた。頼むから学習してくれorz

やはりハムスターと言えば手乗りにしたくなるのが飼い主の性。
手のひらの上であのちっさい生き物がモコモコ動くのは非常にたまらない。
試しにやってみたら、齧られた。しかも痛い。
一度は血が出るほど齧られた。
でも投げたらいかんよ、相手は小動物だ。
ここ最近は餌で釣る事にしたら、昨日ようやく手の上で食べてくれた。
頬袋におやつを詰め込んで歩くその姿にノックダウン(*・ω・)モフモフ
自分の手に慣れてくれたのか、あのへっぴり腰で動く事も無く普通にケージの中でウゴウゴしているようだ。
それでもトクナガにはストレスだろうからあんまり出来ないな。


トクナガはよく巣材に埋まって寝ているのを見かける。
いつもケージの隅っこでチップがモコモコ動いてるんで分かりやすい。
そんなトクナガを見てメロメロになっている自分を、プチヒレたちはどう思っているんだろうか…
きっと「あの人間頭おかしいんじゃねー?」とか(笑)
2006年01月17日 (火) | 編集 |
オスベタの隔離箱(メイン水槽内設置)を覗いてみたら、乾燥赤虫を食べ残してた。
つい先日まで微妙に病気っぽかったから、その間ちよっと薬浴させて食事抜いてみたり。
で、最近良くなった感じだったんで普通に餌やったんだけどなぁ…
結構残してたんで、アベニーに与えるつもりだった冷凍赤虫を投げ入れてみた。
溶けてふよふよと舞い落ちる赤虫、そしてそれを必死こいて食べるオスベタ。
元気だなお前…そうか、単に食べ飽きたのか好き嫌いなんだな…orz

それを見ていたメスベタ3匹が批難するような視線で見て来た。
こんな時だけ一致団結しないでくれorz
仕方ないんでちょっとだけ放り込んでみたら、アカヒレとかコリとかローチさん(久々)とかカージナルとか。
とにかく中に居た面子がゾロゾロと出てきた。
もの凄い勢いで…バーゲンセールに飛び込んでいくオバサマの様な感じ?
あっと言う間になくなりましたとさ(笑)

プチヒレ水槽もようやく水換え。
エビとプチヒレを小さいバケツに移動させてみた。
モスを活着させようとぐるぐる巻いていた糸が所々切れてた。でもまだっぽいorz
中を少し洗って、流木(モス付)も表面をちょっと洗って元に戻した。
プチヒレたちはと言うと、バケツの中で「キャーキャー」言ってんじゃないかと思わんばかりに泳いでいた。
掃除が終わるとメイン水槽から水を汲んで入れ、それからプチヒレ達を投入。
ちょっと不審がりながら泳ぎ始めてた。エビが脱皮しないといいんだけど(無理)


メイン水槽の餌場(いつも餌を撒く所)の食べ残しがちょっと目立ってきた。
また近いうちにそこ辺りのソイルを部分的に取り出して洗わないといけないなぁ。
2006年01月16日 (月) | 編集 |
正月事件のハムスター、未だにいい名前が浮かばない。
「まんじゅう」とか「もち」とか明らかに飼い主のセンスを疑うようなものしか出て来ない。
名付けの神様が降臨するのを待つしかない日々。

さて、このハム(仮名)だけど相変わらず巣材の中で寝てる。
仕事から帰って来ても素知らぬ顔でケージの中でモソモソ活動中。
何故かトイレだけはちゃんと専用の場所(トイレ砂敷いた専用の箱)でやってる。
店のショーウインドウの中には隠れ家用の家と餌箱しか無かったような…まぁいいや。
とにかくトイレのしつけは特にしなくて大丈夫そう。

ケージの中を掃除する時に、ハムがチョロチョロするんで外に出してみた。
まだ寒いこともあって、その辺にあった毛布の上に置いて掃除開始。
まぁ掃除と言ってもトイレの中と散らばった餌の食べかすくらいで楽なモンです。
その間ハムは毛布の上をウロウロ探検していた(かなりへっぴり腰で)
掃除が終わってハムをケージに戻したら早速巣材の海へダイブ。
潜って巣穴帝国でも出来るんじゃないかと思わせる勢いで高速移動(笑)
そのまま巣材に埋もれて寝るのは構わないんだけど、ケツ出して寝ているのは…(大笑)
せっかく上からチップをのせてもまたケツ出したり背中出したり。
ちゃんと埋もれてる時もあるのに…何が彼をそうさせるのか判らないorz
ひま種(゚д゚)ウマー

寝ていたら枕元から「チッチッチッチッ」と言う鳴き声。
もしかしなくてもハムだった orz しかも午前2時。
電気点けたら静かになったんだけど、それからまた2時間くらいしてまた「チッチッチッチッ…」
その度に起こされて…もうなんなんですかお前は(ハムスターですが何か)

この前はケージの金網をガリガリやってくれたぜこんちきしょう。
きっと暇なんだな、コイツ…orz
Ф (`・ω・)Ф ヒマダカラアソンデクレヤー!!   
2006年01月12日 (木) | 編集 |
ボトルアクアのアカヒレたち。
なんか1匹お腹が異様に大きい…まさか卵…?
と言ってもウチの水槽環境じゃあ例え産卵してもすぐ他の魚に食べられるのが関の山。
かと言って隔離もしない(大自然ですよ)
夏にあったベタの場合は…あの時は気付いたらもう卵の中が動いてたからどうしようもなかったし。
ましてや父ベタが甲斐甲斐しく世話しているのを見るとね…orzナンダカ悪イ気ガシテサ
そうこうしているうちに2、3日経過してあっと言う間に孵化しちゃった。

それはそうとミナミ。
実は夏にも2、3回ほど抱卵して5匹→50匹越だったんでもうアハハハハ(゚∀゚)ハハハハ
この時は運よく市内に住んでいる人が10匹貰ってくれたんだけど、今度はさすがに無理だろうな。
ウチの会社の人が「生まれたら何匹か頂戴」と先月言ってくれてたんで、そっちにまわそうかな(笑)
ただし、その家にはウチから行った子ベタ(♂)とヤマトヌマエビが同居しているらしい…
でもどっちも捕食者のような気が…orz
稚エビじゃなくて、1㎝くらいになったのなら大丈夫だよね…?
ちょっと心配なんでその時になったらメイン水槽でモッサリしているマツモも数本差し上げよう。
そうしよう、そうしよう(自己暗示してみる)


プチヒレの水槽(もどき)もそろそろ換水しないとなぁ。
シートヒーターはやってても、さすがにろ過なしだと水が汚れてくる。
この機会にメイン水槽に放り込もうかなとも思うけど、あの競争が激しい餌取り合戦はまだ無理だろう。
むしろ下手するとベタのお腹に入りそうな予感。orz
2006年01月11日 (水) | 編集 |
アベニー水槽のエビが…

抱卵キター(゚∀゚)ーー!!

1匹お腹に茶色の卵を抱えてモサモサ揺すっているのを見つけた。
いやぁ…秋から全然そんな気配させてなかったのに。
やっぱ年末の大掃除の時にメイン水槽から何匹か適当に戻したのが原因かな。
まぁいいや。水質悪化の時に☆になった分が増えると思えば…orz
そういえば年末掃除の最中に干しエビになってた連中も数匹居たな…

ローチさんはあれから全然出て来ない。
コリとローチさん用に入れているコリタブが毎日綺麗に無くなってるから生きてると思うけど。
そんなに流木気に入ったのかな?素直に喜べない自分が居る。
一応カージナルやアカヒレの餌場とは場所を変えてあるから食べられるって事は無いと思うけど…怪しいなぁ。

メスベタたちはコリタブにも興味津々なご様子。
乾燥赤虫を投入したにもかかわらず、沈んでいくコリタブを追いかけて突いてる。
お前らの餌は水面にいっぱいあるってば…orz
あと会社に持って行くはずのボトルアクア。
年末に持ち帰って水槽を設置してあるステンラックに置いたまんま。
時期を見て石巻貝にコケ掃除してもらおうと思ってたのに。やっちまった。


この前書いてた正月事件。
ジャンガリアン・ハムスターの♂

名前は特に決めて無い(笑)
まだ寒いからヒーターの上か巣材の中でグーグー寝てる。
個人的には猫とか小型犬飼いたいんだけど、今住んでる所借家だからなぁ…
これなら脱走しない限り大丈夫そう。

※家族は全く知らないんで、リアルで知り合いの方はこの事禁句ですよ。
 
2006年01月07日 (土) | 編集 |
新年とっくに明けちゃいました、みなさんおめでとう。
別にサボッていた訳じゃ…えーと三が日は色々(ゲームとか)やってたです。ハイ。
で、今日まで色々仕事やら忙しくてようやく落ち着いてきたよ。

ウチのお魚どもは水槽の前に行くだけでもうスタンバイOK。
餌を投下する時を狙ってウロウロ。
そんな中、数が多いからと言ってカージナルの餌を入れようもんならすかさずメスベタ共が来る。
まだ指に持っている段階で突きに来る。∈(゚ω゚)∋
かと言って乾燥赤虫を入れようものならメスベタとアカヒレの早食い競争が勃発な訳で。
唯一何もされないのはコリタブくらい。

年末にレイアウト変更したメイン水槽だけど、ローチさんには好評らしい。
お陰で今年に入ってからまだ2回くらいしか見てないよorz
流木の微妙な隙間がイイらしく、狭いのに2匹(いつも一緒に居る)がモゾモゾ生活している。
四六時中なんか見せつけられてる気分…orzドウセヒトリダヨコンチクショウ

プチヒレ2匹は元気。
1匹見当たらなくて「まさか喰われた…?」とか思っていたら、水槽(もどき)と流木の隙間からひょっこり。
そんなに気に入ったんですか、それ。
ぐるぐる巻きのウィローモスも微妙に大丈夫っぽい(確信はない)


正月にちょっとした事件が発生。
また何か増やしてしまった。しかも今回はNOT魚。
何なのかは写真撮ったらバラしまっすヽ(゚∀゚)ノ キャッホーゥ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。