熱帯魚とハムスターの飼育日記もどき+α
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年02月27日 (月) | 編集 |
昨年12月、コッピーとして購入したプチヒレ。
自室の微妙な水槽もどきの中で着実に餌を食べている。
で、ここ数日で気付いたんだけど2匹の間に力関係が芽生えてる…!!
1匹が餌をバンバン食べてるみたいで、もう1匹との体格差が出ているじゃないかorz
でもって大きい方の子が小さい方の子を追い回し始めた。

ヤ バ イ !! ヽ(゚Д゚;)ノ

と言う事で大きい方の子はお引越しさせる事にした。
ボトルアクアかメイン水槽なんだけど、ボトルアクアの場合、水温が違うから水合わせ以前に水温合わせに結構時間がかかりそうな予感。
メイン水槽は水温合わせがあんまり(ボトルアクアほど)要らないから楽と言えば楽。
でもその場合、熾烈な餌取り合戦が待ち受けているんで水槽もどきで悠々と食べていたプチヒレにはハードでサバイバルな生活となるに違いない。
かと言ってアベニーの居る水槽に入れたら、今度はアベニーの赤虫が食べ尽くされてしまう。

あっ…11㎝キューブとベタ専用の瓶(ジャーとも言う)が空いてる。
ベタ用の瓶なら蓋も付いてるし、メイン水槽からマツモをちょっぴり頂いてエビを1匹放り込めば…最強だ(笑)
でも11cmキューブも捨てがたい…でもガラス水槽は小さくても重いからいいや('A`)

さっそく入れてみた。
今はまだシートヒーターの上だけど、近々ヒーターを撤去して常温飼育に切り替える予定。
大丈夫そうだったらボトルアクアに引越しさせて、世間の波にもまれてもらうぞ(笑)
残ったプチヒレは完全看護と言うのは大袈裟だけど、1匹でのんびり静養がてらお腹いっぱい食べてもらおう。
そして大きくなったら…どうしようか。
おっとり型のイジメられっ子っぽい性格だから、多分メイン水槽には入れられないね。
餌が取れずに餓死→他の子に突かれると言うコースになりそうなんで、水槽もどきのままかもしれない。
それにしてもアカヒレ1匹にこれはやりすぎのかなぁ(苦笑)
スポンサーサイト
2006年02月20日 (月) | 編集 |
ついにやってしまった。

水槽のガラス蓋踏んじゃったー!!

今まで全然踏まないように気をつけていたのに、今日に限って…orz
もう見事にパリンと割れた。
急いで隣町のHCもどきに行って蓋購入。
ガラス蓋はまた割りそうな気がしたんで、今度はプラスチック製。
しかも今使ってるスライド式の蓋と同じものだったり。
今度は踏まないように気をつけないと…むむむ。


それにしても靴下を履いていたせいか、自分は無傷だった。
でも蓋は1/3くらいの場所からパリン…orz
あーぁ。
[続きを読む...]
2006年02月18日 (土) | 編集 |
姉貴から電話がかかってきた。
その第一声が「おめでとう!!」
一体何の事かと思って聞いてみたら・・・

「ネズミがバレたね!!」

とやけに嬉しそうだったんで、年末に叔母から貰った姉の分の蟹(デカイ)を食ってやると脅した。
母いわく「アレ結構邪魔なんだよね」との事。
どうせここ読んでるんだから早く取りに帰ってきてください(私信)

さて、トクナガ話。
バレちゃってからもずっと自室で飼ってるんだけど、家に誰が居ようが堂々とトクナガの名前を呼べる事が嬉しい。
今までは小声で「トクナガー」と呼んでたんで、トクナガ自身自分が呼ばれているとは思っていない。
だけど今は堂々と呼んでるからどうにか気づくっぽい。
バレて良かったのかもしれない(笑)
それはまぁともかく、相変わらず巣箱がお気に入りらしい。
しかもご丁寧に入り口の穴を巣材とティッシュで塞いでいると言う徹底ぶり。
出て来る時はそれを掻き分けて出て来る。
呼んでみたら顔だけちょこんと出して、大きなあくびをしていた。
その後は這い出て来て例のごとくペレットを齧る。
珍しく栄養チューブを差し出しても見向きすらしなかったのに、それから二時間くらい経ってから必死になって何かを探している。
「もしかして」と思って差し出してみたら案の定。
もの凄い勢いでちゅーちゅー吸っていた。
可愛すぎてもうキュッと抱きしめてやりたいんだけど、ちょっと無理があったな・・・orz
2006年02月15日 (水) | 編集 |
自室でPCに向かっていたら、兄上が部屋にやってきた。
「裏技系のデータディスク(ゲームの)持ってない?」
部屋に入ってきて止める前に家捜し。
ここまで書けば察しの良い人は判るよね?

トクナガ飼ってる事がバレた!!!orz

もうなんなんだよ…普段絶対部屋に入ってこないのにゲームが絡むとこうなるのか…orz
丁度トクナガは巣箱に引きこもって爆睡してたから姿までは見られてないんだけど…あああああ(((゜Д゜;)))
よりにもよって兄貴にバレるとは…まぁ別に怒られはしなかったけどさ。
言われた一言が「ムツ○゛ロウかお前は」
ムツ○゛ロウって…まだ熱帯魚とハムスターしか飼ってないんだけど(笑)
名前を聞かれてノーコメントしてたら「ハ○太郎」と呼び出す兄貴。
仕舞いには「はげ太郎」って…姉貴といい兄貴といい、なんでこうもネーミングセンスが極端に悪いんだろうか(笑)
こんな所で血の繋がりを確認してしまうorz


でもバレちゃったから留守の時の世話頼めるんだろうか(開き直り)
2006年02月14日 (火) | 編集 |
世間がバレンタインデーと言う事で、トクナガにもあげてみた。

新しいケージを(笑)

いや、単に今使ってるヤツが狭くて…回し車と餌入れと、トイレと隠れ家を入れたらもう狭い狭い。
何かゴチャゴチャした感も否めない。
たまたま社用で出掛けた先で寄ったHCで、よさげなケージを発見したんでとりあえずチェック。
お値段も良かったんで、仕事帰りに買いに行っちゃった(笑)
で、そのケージなんだけどご丁寧に下に網が付いてた…撤去。
スペースの半分に2階部分が設置してあった…撤去。
何故かと言われると、隙間に足挟んで怪我させたくないし、転落事故も怖いし。
でも、前のケージと違って床材をたくさん…ちょっと厚めに入れられる。
トクナガがいくら掘り返しても外にパインチップが散乱する事も無い。

今回ケージを変えるにあたって、コーナー部分にトクナガ用のちゃんとした巣箱を設置してみた。
いっつも隠れ家で落ち着かないだろうし、床材掘って寝るのも大変だろうし。
ちゃんと隠れてくれるのかドキドキしながら設置してみたら、ちゃんとご利用してた。
やはり匂いの付いたティッシュを入れていた事が大きいかもしれない。

でもさ、巣箱に入りっ放しってのはどうよ?

トクナガに構ってもらえないんでちょっと寂しい。
そう思って屋根を外してみた。
「あっ…」
取ってみた

「かえしてー」
うるうる


仕舞いには屋根の代わりにと巣箱の中に入ってるティッシュを屋根にされてしまったorz
巣箱に負けてしまった(笑)
2006年02月13日 (月) | 編集 |
小雪の尾ヒレの真ん中部分が一部無くなっていた。
トラベタなのに、微妙にダブルテールになってる(苦笑)
犯人は…ヒメと子ベタのどっちなんだろうか。
どっちも小雪を見かけるとやや威嚇気味なんでどっちも怪しい。
一応ちょっとずつヒレは治りつつあるんだけど、筋の部分が無いんで多分これ以上の再生は見込めない。
「なんちゃってダブルテール」の小雪になってしまったorz

そうそう、最近メスベタ①を見かけないと思っていた。
餌場に白いモワッとした塊(チョコボール1個分くらい)があったんで、食べ残しかと思って、いつものようにピンセットでつまんでみたら…

真っ白い骨でした

エエエエエェェェェ!!!!! メ、メスベタ①!?
あの骨格、大きさ、どう見てもメスベタ①…orz
またマツモの隙間とか流木と一体化してるんだろうと思ってたのに。
一体いつ☆になってしまったんだ…ウワァァァァン(゜´Д`゜)
2006年02月12日 (日) | 編集 |
土曜から一泊旅行に出掛けて帰ってきた。
部屋の電気を点けると、トクナガは回し車の中で絶賛爆走中(笑)

一応餌は余分に入れて置いてたけど、ペレットが全部綺麗になくなっていた。
給水ボトルはまだ半分位残。
それでもペレットを入れたらカリカリ食べた。
うーん、ちょっと足りなかったのかな…
でも普通に一日分入れても残す日もあるし…難しい。
とりあえず留守番のご褒美にひま種を奮発して3粒あげたら一心不乱に齧ってた。

初めて留守番させたんで、結構心配しましたよ…餌足りたかなーとか。
「この際だから家族にカミングアウト」と言うテもあったんだけど、母が風邪引いたんでやめた。
病人に世話させるのもねぇ…
あと、友人に預けて行こうかなーとも思ったけど、自分の親しい友人はみんな猫飼ってる。

預けるなんて到底無理だ…orz

でもまぁ1泊程度なら餌を多くして水もバッチリ用意しておけば何とかなるだろうと。
2泊とかだったらもうペットホテルに預けないとね(家族にカミングアウトすれば早いんじゃ…)
一応近く(と言っても隣町)の動物病院がペットホテルもやってるから、その時はお世話になろう。
その前に一度トクナガの健康診断に行こう。
2006年02月09日 (木) | 編集 |
仕事から帰ると、日課となっているお魚の餌やり。
今日も特に変わった所は無いなと確認して、自室にあるハクナガのケージへ。
中からトクナガを取り出して健康状態とか確認してい時の事。

(=゚Д゚) …?

(つД`)ゴシゴシ 

(=゚Д゚) !!?

トクナガの左側後足の付け根が変な形になってる…!!

ちょっと動きも変だし、触ってみると確かにぽっこりしてる。
慌ててトクナガをケージに戻すと、制服を着替えた。
「骨折?」とか恐ろしい事を想像してかなりバタバタする。
着替えた後、携帯を取り出して動物病院の番号を呼び出す。
「とりあえず電話で状況を…」とケージからトクナガを取り出すと…

元に戻ってたorz

何度も確認したし、ベッドの上に降ろして歩き方とか見た。
でもなんとも無さそうにトクナガはチョロチョロしてる。
触診っぽい事もやってみたけど別に痛がりも嫌がりもしなかった。
その後も全然変わった事が無くて回し車を軽快に回していた。
え、えーと、無事って事で良かったのかな…?
一瞬もの凄く焦ったんだけど。


前の日の夜、トクナガにティッシュを渡してみた。
翌日の朝見てみたら、巣材を掘って寝ている巣穴っぽい所に入っていた。
ヒーターもあるクセにまだ暖かくしたいのかお前は(笑)
2006年02月08日 (水) | 編集 |
16キューブの水量が減っている事には気付いていた。

ちょっと前に水道工事してから、ウチの水道もカルキが入っちゃったんで外まで汲みに行かなきゃいけない…orz
外と言っても屋根は続いてるし、ちゃんと壁もあって雨風は防げるからいいんだけど。
入口が…一旦玄関から出ないといけないってどう言う事?
冷たい風が時折突風になったりするのに。

そんな事も言ってられない、アベニーとエビがピンチだ!!
と脳内に言い聞かせて2Lのペットボトルを持って突撃してきた。
玄関を開けて、2m先のポンプ小屋(通称)へ。
中に入ってしまえば風も入って来ないからいいんだけど、それまでの道のりが…orz
どうにか無事に井戸水を確保して再び外へ。

さ、寒ーい!!!

後半ガタガタ震えながら家の中に逃げ込んだ。
で、水槽に足し水した訳なんだけど…
水が凶悪に冷たいんで一気に入れられなかったorz
水温計を見ながらちびちびと水を入れて、ようやく元の位置より少し下まで入れた。
その後メイン水槽とプチヒレ水槽にも足し水。
ボトルアクアのアカヒレが大きくなってきたから、こっちをメイン水槽に移してプチヒレ達をボトルに引越しさせようかな…もちろんヒーターセットで(笑)
結果、大成功。


カージナル達が微妙に肩身の狭い思いをしているっぽいのに、白コリだけはマイペース。
底面層の住人達には上の事はどうでもいいらしい。
コリタブを発見してはもふもふやってるだけの毎日…
2006年02月07日 (火) | 編集 |
またトクナガの体重を測ってみた。

25g…全然変わってねぇorz

さすがに毎日ひま種は良くないと思うんで相変わらず2日に1回のペースで与えてる。
おやつがぎっしり

1回に2粒から3粒、でもってトウモロコシとか麦っぽいもの(ひま種と一緒に入ってた)をあげてる。
それでも増えない体重…飼い主の方が増えやすいってどうよ(笑)
まぁそう簡単に増えないとは思っているけど心なしかちょっと焦り気味。
でも当の本人は全然気にしてない(無理を言うな)様で、ケージの中をチョロチョロ。

やっぱ夕方の方が活発みたいで仕事から帰るとウロウロしている。
視線が合えば金網の部分によじ登って「開けろー」と自己アピール(笑)
で、いざベッドの上に出すとネズミらしくちょこまか動いてすぐ危険地帯に入ろうとする。
※危険地帯…ベッドの端
危なくなる前に回収するけど、トクナガは手のひらを移動するのが楽しいのかな?
小さい輪っかを指で作ると必ずすり抜けて行くし。
ふわふわの毛が指に触れるだけでなんか幸せを感じる…(*´∀`)

やっぱり部屋の中を自由に探索させたいという願望はあるんだけど、ネズミ類にとって自分の部屋は隠れ放題だったり、ふすまがちょっと歪んでるんで脱走し放題なんだよね。
だからこの前普通のネズミが爆走していた(駆除済)
ハムスターサークルとかあったらベッドを折りたたんで部屋の真ん中にデンと設置して、トクナガを奔放に遊ばせらるんだろうけど…そんなにデカイ物買ったらさすがにバレるだろう、家族に(苦笑)
そんなに幅取る物を設置して置いて誰かが部屋に来た時、急に片付けられないよね。
ベッド折りたたんでいるのは部屋の掃除とか言って誤魔化せるけど!!(大笑)
トクナガにはベッドの上で毛布と戯れてもらおう。


全然噛まなくなった。
今度は手のひらで爆睡してもらえたらいいな。
2006年02月03日 (金) | 編集 |
台所でご飯の用意をしている時にニンジンの使いかけが目に入った。
「トクナガ食べるかなー」なんて考えて、いちょう切りにしてコッソリ部屋に持って行く(まだ家族にバレてない)
ケージの中ではトクナガが金網部分を登ったり降りたりとせわしなく移動していた。

どうやら外に出たいらしい

入口を開けてニンジンを差し出すと、ちょっとだけ齧ってあとは中に戻ってしまった。
仕方が無いんでトクナガが大好きなチーズとカボチャのおやつを、食べやすいサイズに折って見せたらすぐに寄って来た(大笑)
ちょっと齧ってすぐに頬袋に収納。
この時必ず背中を丸くしてカリカリやる姿が毛玉にしか見えない(´∀`*)毛玉サイコー
全部しまうと『まだ何処かにないかなー』と言う感じで探していた。
ニンジンとペレットを餌入れに放り込んでケージを閉める。
しばらくはトイレと齧り木兼巣箱(?)を行ったり来たり…落ち着け。
その後巣箱の中で頬袋から出したチーズおやつをカリカリカリカリ…まん丸のおしりが可愛い。
食べ終わったかと思うと、今度は回し車へ。
いつものようにもの凄い勢いで回し始めるんだけど、急に立ち止まるから遠心力で一回転した後、ポイッと外に放り出される。
それでもまた走り出して立ち止まる…学習しないのかなコイツは(笑)
時々「トクナガー」と名前を呼んだり、自分がちょっと動くと走るのをやめてこっちを向く。
「何? 何?」といった表情がたまらなく可愛いと言うか萌えると言うか…
で、何も無いと思うとまた走り始める。
偵察中。

最近ようやく慣れてくれたのか、あんまり噛まない。
噛んでも前みたいに血が出るような事も無いし…うん、あれは痛かったorz
手のひらを怖がる事も無くて、逆に遊ばれているような気もする。
現にケージの上を開けてトイレ掃除したり、巣材の追加をしていると指にじゃれついてくる。
可愛いんだけど邪魔ですよ、トクナガ(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。