熱帯魚とハムスターの飼育日記もどき+α
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年03月27日 (月) | 編集 |
写真だらけになりそうだったんでこっちで追加(笑)

祖母宅の裏にある敷地。
ちょっとした小道

昔はもの凄い木とか鬱蒼としてたんだけど、度重なる台風でこんなにスッキリ(苦笑)
実際は杉の木がバキバキ折れて大変だったらしい。

さっきの風景の先には、実はこんな光景。
椎茸の宝庫(笑)

田舎ではそう珍しくもない椎茸栽培の図(笑)
下手に店で買うものより食感が良く、美味しい。

たまに凄く巨大なヤツも出来る。写真ドン↓
写真は去年のもの

比較に使ってるヤツは普通サイズのマーガリンの箱だったり。
大抵はこんなに大きくなる前に収穫するんだけど、隠れた場所に生えるとこうなる。

通常はこんなモン。
普通に育ったヤツ

普通にスーパー等でパック詰めになってるサイズね。
自宅にも何本か椎茸木があるんで、店で買った事はまだ無い(苦笑)

最後に。
水はまだ冷たい

椎茸栽培やってる場所の下にある、休耕田脇の小川(?)
魚はもうちょっと下流に居たような気がする。
でも最近人が入ってないんでちょっと荒れ気味


小さい頃はよく姉や兄と3人で駆け回ってたなぁ。
周りに店とか公園なんて全然無かったけど、山とか川が遊び場だった(あと近所にあった採掘場とか)←超危険
今から考えるとかなりタフだったんだな、自分たち(苦笑)
スポンサーサイト
2006年03月26日 (日) | 編集 |
今日は祖母宅に行ってきた。
本当は竹山の掃除に行くつもりだったんだけど、朝からの雨で中止。
昼過ぎにお米とか卵を持ってゴー(近くにスーパーとか無い)
しばらくは小雨が降ってたんだけど、3時くらいにはあがった。
母は竹山へ一人、筍掘りに。兄は居間でゴロ寝。
自分は縁側で祖母とツワブキの皮を剥きながら色々とおはなし。
縁側から桜が見えたんで、終わった後に行ってみた。

ちょっとした土手(2~2.5m位の高さ)の斜面に1本だけ生えてる桜。
上まで登って間近に見てきた。
ちょっと近くで


ちょっと違うアングル。
春ですねー


ちょっと離れた畑の側にある桃の花。
ぴんく! ぴんく!

桃の花は祖母宅裏手の畑から撮影。
最初何の花か全く解らず、帰り際に聞いて判明。
色々と知らなくてごめんなさい(苦笑)
2006年03月25日 (土) | 編集 |
今日は休みだったんだけど、ちょっと予定があったので早起き。
予定の連絡を待っていたらなんと、昼過ぎに相手から「急用が入った、ごめん」と…orz

仕方ないんで自室でDVD観てた。
DVD(30分のヤツ)を観た後、何もやる気が起きなかったんで水槽の前でダラダラ。
相変わらずベタ3匹が強いんだなーとか思って、ボケッと観察。
前からすると発色がいいなー、子ベタ。
あれ? 子ベタの尾ヒレ、メスの割には何か長くない? ま、まさか…
そう思って水槽の蓋をなんとなく開けてみた。

水槽の端の方にこんもりとした見覚えのある泡

ええぇぇ!!!?(゚Д゚;)
子ベタってオスだったのー!?

道理で最近妙に色が出てきたなーと…体格もいいなーなんて思ったりしてたけど。
速攻で捕獲、自室のプチヒレ水槽の隣に隔離した。
つーか、メスだと思ってたのにオスだったとは…orz
生まれたのが7月初めなんだけど、現時点で生後8~9ヶ月。
普通に考えて成長が遅かったんだろうなと思う。
もう1匹の兄弟ベタはもう尾ヒレも伸びてると言う話を年末に聞いてたから…そうなんだろうな。
稚魚の頃から向こうの子ベタの方が体格良かったもん。大体2倍くらい。


それにしても繁殖される前で良かった…
子供が生まれるのは凄く嬉しいんだけど、管理がね…もう大変だったもん。
50匹近く生まれて生き残ったのが2匹とかもの凄い凹んだから(飼い主がヘタレなだけ)
それにしても未だに信じられないなぁ…(現実を受け止めろ)
2006年03月23日 (木) | 編集 |
最近めっきり更新が滞ってる…このままじゃダメだな。

今日は部屋の大掃除をした。
引越してきて荷物が増えたりしたし、トクナガの床材が散らばったり(笑)
いや、深めのケージにしてあるのに何故か散らばるんだよね…orz

まずはトクナガをケージごと部屋から出して、ベッド周辺の小説を居間の本棚へ。
プチヒレの水槽は移動しようも無いんでそのまんま。
衣装ケースに洋服を収納して、ゲームソフトを専用のワゴンに。
ケージを置いてる場所を見ると…見事に床材が散乱してた。
ちゃんと下に新聞紙敷いてたんだけどなぁ…(それでも散らばるモンは散らばる)
掃除機でゴーゴー吸って綺麗になった。
でも、気付いたらネズミ特有のフンが…あれ…?
あ、前に侵入してたネズミのかな?
と思ってたんだけど、どうも色がペレットと同じ。
やっぱりトクナガなんだろうか…?(ペレットはガラス瓶にて保管してる)
そう言えば何度かケージから出した時に奥の方に10分くらい引きこもっていた事が…(苦笑)

それからベッドを折り畳んでその下も掃除機で吸った。
何故か床材が…って前に1度ベッドの下に逃げられたんだった(逃げられすぎ)
どうにか掃除が終わってトクナガを連れ戻しに行ってみたら…巣箱の中だった。
屋根を外したら「…何?(怒)」と言う表情で見上げられたorz
ハムスター相手に「ごめんなさい」と平謝りして屋根を戻すダメ飼い主(笑)


部屋から出してる時に、兄貴が帰宅した。
トクナガのケージが出てるのを見て「ネズミ! ネズミ!」と連呼。
どうやら触ってみたかったらしいけど、煙草の匂いがするから逃げられてた。
(まぁ知らない人ってのもあったんだけど/苦笑)
2006年03月21日 (火) | 編集 |
今日は休みだったんで、昼前からお出掛け。
そろそろカージナルの餌が切れる頃だったんで。

車を走らせる事大体45~50分。
トクナガを購入したり小雪を購入したり、まぁ色々利用するHCに着いた。
中に入って何故か小動物コーナーへ(笑)

ハムスターが、ハムスターが…か、可愛い…(゚∀゚*)
ホワイトパールにブルーサファイヤにノーマルに…みんなちっちゃ!!(生後1ヶ月)
きっと青錆さんなら「こねたい…(゚∀゚)ウフフフ」と思うくらいちっちゃいのが中でウゴウゴしてた。
後はゴールデンとかキンクマとかロボロフスキーとかチャイニーズを見て来た。
とりあえず新しいペレット(ニッ○゜イプチ)とトイレ砂、カージナルの餌も忘れずに購入。
帰りがけにデグーのケージを覗いてみたら、親子と思われる集団が居た。
ちっちゃい子デグー達が巣箱(?)の中から出てきて…(´∀`*)ホワワン
あまりの可愛さにケージの前でニヤニヤしてきた(怪しい大人発見)

まだ結構時間があったんで、そのまま与○郎の某ペットショップへ(笑)
半分ドライブと言うのもあったんだけど、色々と目の保養になった。
この店は小動物と熱帯魚コーナーが同じフロアにあるんで、同時に見られる所がイイ。
ここでもハムスターを見て来た(笑)
やっぱり春だからなのか、生後1ヶ月くらいの小さな子ばっかり。
さすがにチャイニーズは居なかったけど、ロボロフスキーは居た。
座って寝るその姿に不覚にも萌えた。
小さいダルマみたいな格好に(´∀`*)モエー

帰ってからトクナガのケージを一斉大掃除。
手を入れるとすぐに駆けて来て、手のひらにちょこんと乗る。
餌付けの成果って怖いな(笑)
2006年03月20日 (月) | 編集 |
ふと眺めていたら、トクナガがちょっと丸っこくなってきたような気が…
と言う事で久々の体重測定を敢行。

えーと…35g

おぉ、10gも増えてる…!! ってこれは喜んでいいものなんだろうか。
確かに標準体重の数値には入ってるけど…まぁいいや。
そんなにおやつばっかりあげた記憶無いんだけどなぁ。不思議不思議。

あ。もしかしたら…例の栄養チューブ?

うーん、栄養の与えすぎかもしれない(苦笑)
当分…と言うかしばらくの間はペレットと通常のチーズおやつ(2~3日に1回のペース)でやってみよう。
そろそろ春だし、今から脂肪をつける理由もないし…ヒマ種は週1と言う事で。
飼い主もそろそろ健康診断の時期なんで、トクナガも道連れだ(鬼のような飼い主/笑)

早くポカポカ陽気にならないかな。
そうしたらトクナガを連れて動物病院に行くのに。
別に何処も悪いわけじゃないんだけど、一応1回は行っておかないと。
健康診断もだし、ツメが結構伸びて来たんで。
自分で切る勇気なんて無い(苦笑)
2006年03月15日 (水) | 編集 |
今日は昨日までと違って随分と暖かい。
仕事で外を走っていれば山間から山桜がチラチラ見える。
某名所にお花見に行きたいよー(と言ってみる)

いつものようにケージを覗いていたらある事に気付いた。
「そう言えばトクナガのケージ新しくして1ヶ月!!」と言う事。
すっかり今のケージに慣れてしまったトクナガは巣箱の中…orz
何処で覚えたんだか、コーナー部分に置いてあるトイレの上に登って2本足立ちでキョロキョロ。
目が合うと金網にちっちゃな前足をかけてウルウルしてる。
試しにチーズおやつを出してみたらもの凄い勢いでウゴウゴしてた。
トクナガの鼻に届くか届かないかと言う場所に持って行ってみた(鬼のような飼い主)
金網の隙間に必死で顔を突っ込んでおやつを欲しがり、仕舞いには金網にかけていた前足で「おやつ! おやつ!」と猛烈にアピール。

可愛さと不憫さが相まって素直にあげたよ

イタズラにしてはやり過ぎたなーと思い、いつもは1本しかあげないおやつを奮発して2本あげた。
そのまんまあげると長いんで、3つに折ってあげた。
「わーい」と言うよりは「いよっしゃあ!!」と言った表情で齧ってた。
それからトクナガはいつもの餌入れの中にモソモソ入って行く。
あの丸いオシリがたまらなくイイ。
指でつつきたくなるんだけど、それやったらトクナガに文句言われるんで我慢。


さすがにトクナガを連れてお花見は無理か…orz
2006年03月13日 (月) | 編集 |
最近サボリ気味のおさかなブログ…orz更新遅レテスイマセンオ姉サマ

急に冷え込んできた。
ここ数日ポカポカ陽気で「もう小春日和だなー」なんて思ってたのにさ。
なんでいきなり寒くなるかなー。
しかも今朝は粉雪っぽいものがチラリと見えた(でも朝だけだった)
トクナガは巣箱にティッシュを詰め込んで引きこもり。
お魚たちはヒーター完備の水槽内でウヨウヨ。
で、肝心の飼い主はと言うと…暖房の無い部屋で毛布に包まってガタガタ震えている、と。
でもホラ、毛布はトクナガのティッシュと同じようなもんだし。
布団だって床材と同じような(ry)

・おさかな話なんだけど、白コリがウロウロしていたんで、餌をあげた。
何故かカージナルの沈んだ餌をモギュモギュしている。
いや、食べ残しを片付けてくれるから大いにありがたいんだけど…
いつものように徘徊している白コリの側に、最初に買ったコリ(白黒斑っぽいの)が近寄って行ったんだけど、ある事に気付いた。

白コリデカッ!! ゜゜(Д;)

白黒斑のコリの2倍はあるかと。
まぁそりゃあ白コリは買ってきた時からちょっとデカイなーとは思ってたけど。
白黒斑も小さい子だったからそれは分かるんだけど…何だかもの凄くビックリした。
よく考えてみれば、白コリはいつ見ても徘徊してるイメージしか無い。
そのアクティブさをどうかローチさんに…!!
最近全然姿を見ないんで、どうしているのやら(苦笑)
2006年03月08日 (水) | 編集 |
夕方、青錆さんがやってきた。
ちょっとした用だったんだけど、この機会にと言う事でトクナガとご対面してもらった。

感想は「丸ーい!! 思ったよりもちっちゃい!!」と好評。

ちょうどまだ寝ている時間だったんで、巣箱の屋根を没収して起こした(オイ)
起こされて半分寝惚けているトクナガに青錆さんの手からひま種を与える。
しばらくボケーッとしてたけど、どうやら気付いたみたいで貰って食べてた。
その後しばらくの間ケージの中をウロウロして、回し車を回し始めたら青錆さん大喜び。
「あ、回した!!」(゚∀゚*)
自宅で猫に囲まれている青錆さんは、ネズミ系の生き物と触れ合うチャンスが無い。
と言うか猫飼ってたら無理な話だよな…
猫にとってネズミ系生き物は狩りの対象にしかならんもん…orz
青錆さんはひま種を一心不乱に齧るトクナガの頭を、楽しそうに指でグリグリしてた。

トクナガと触れ合う青錆さんの姿を「写真に撮りたいな」と思ったけど、さすがに顔が映るんでヤメ。
ええ、プログに載せる気満々でしたが何か?(笑)
楽しそうな青錆さんは、トクナガに指を齧られかけてた。
まだ本気っぽくなかったから大丈夫だと思う。
飼い始めた初期のトクナガに比べたら…orz
餌付けしといて正解だった(笑)
2006年03月05日 (日) | 編集 |
今日は祖母宅の竹山に筍掘りに行ってきた。

午前中はアホみたいに爆睡してたんで、動いたのは実質的に午後から。
山鍬を持って長靴装備。
それなりの装備を整えていざ山の中へ。
晴れていたんでもの凄く綺麗に空が見えた。
見上げれば竹


山の中をウロウロして筍が出てそうな地面の割れ目を探して歩く。
怪しい部分は靴で踏んで、足の裏に独特の感触がないか確認。
んでもって発見。
さて、何処にあるかな?

装備していた山鍬で周りの土を掘る。
筍に傷を付けないよう、ただひたすら掘る。
途中。

ここまで掘ったら、根っこがどっちにあるのか探索。
今回はまだマシだけど、時々とんでもない場所に斜めとか非常に掘りにくい場所に生えてたりする。
掘れた!!

綺麗に掘れた。
本当はもうちょっと上で切るんだけど、今回は叔父の家などに送るんでこの姿で掘った。
でもまだ出始めだから意外と小さいんだよね(苦笑)
結局10本前後の収穫。
サイズは15センチ前後の小振りなものが主。
もうちょっとしたら大きなのが出てくるんでザクザク掘れるかなぁ。
今まで毎年来てたけど自力で見つけられたのは今回が初めて。
2本しか見つけられなかったけど、ちょっと満足。


おまけ。
見知らぬオッサン…じゃなくて実兄(笑)

そこら辺に居たんで撮ってみた(笑)
2006年03月02日 (木) | 編集 |
今日は寒かった。
南九州3月の気候と言う事には無理があった。

この間トクナガのケージから「もう暖かいからいいだろう」とヒーターを撤去した事をちょっぴり後悔。
とりあえず様子を見に行ったら巣箱の中に立て篭もってた。
中で冷たくなってないか恐る恐る巣箱の屋根を開けると…

ティッシュに埋もれたトクナガが爆睡してた(-ω-)zzz

で、光が目に入ったのか「何?」みたいな顔をした。
生存を確認すると屋根を元に戻して餌入れにペレットを入れて置いた。
寒いのにケージから出して散歩させたり、手のひらに乗せてモフモフしたいけど我慢。
何せ相手は毛玉とは言え小動物
それにしてもティッシュ好きだなコイツ。
箱から一枚抜いて適当に裂いてケージに入れておくと次の日には全部消えてる。
巣箱の中を見てみたら綺麗に細工してあって「快適空間」になってた(笑)
その代わり、巣箱一斉掃除の時は凄い。
狭い巣箱の中に「どんたけ入ってるんだ」と言わんばかりのティッシュが…
まぁティッシュのお陰でトクナガが擬似冬眠しないで済んでるんだろうな。


巣箱に餌の持込みはやっても貯め込まないんだなー…不思議不思議。
まぁ餌に困らないからなんだろうけど(巣箱を出れば餌入れがすぐそばにある)
2006年03月01日 (水) | 編集 |
トクナガ、栄養剤っぽいチューブに今日も素敵反応。
つーか給水器の水が減らない…orz

もしかしてチューブの甘い味を知ってしまったから?

仕方ないんで今日からしばらくの間栄養チューブはお預け。
一日にちょっとずつしかあげてなかったんだけどなぁ(´A`;)
何処でどう覚えたのかケージのmotoi側に駆け寄ってきて、ちょこんと立ち上がってこっち見るの。
ちょっと首をかしげて「ちょうだい!」と可愛い表情をする。

お ま え オ ス だ ろ (笑) 

相変わらず巣箱の中に引きこもってティッシュに包まって寝てる。
いや、凄く可愛いんだけどね。
寝起きで入口から鼻先だけちょっと出してフンフンしてるのはいいよ。
あくびも可愛いから許す。だからもうちょっと遊んで…orz

トクナガは何気に高い所が好きなんだろうか。
巣箱の屋根に登ってみたり、コーナーにあるトイレの上に登ってみたり。
トイレの上に登った時は角の部分が丸くなってるんでズルズル滑って金網との間に下半身が挟まりかける事もしばしば。頼むから学習してorz
まぁその隙間に床材を詰めたらいいんだろうけど、そうしたらトクナガが砂浴びしてる所とか見られないんだよね。
砂浴びでゴロゴロッと転がる姿はたまらない。萌える。
普段なかなか見せてもらえないお腹が見られるんで貴重な瞬間。
触りたいけど、触ったら絶対「ヂヂッ!!」と文句言いそうなんで手が出せない。

ふかふかもこもこの毛玉のくせに、餌食べてる時に…しかも背中か頭をちょっとしか触れないなんて。
でもホラ、慣れてくれた子だからいいか。
世の中には死ぬまで触らせない子もいるみたいだし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。